騎手を目指す学校

勉強する白い服の女性

入学するのも一苦労である

中央競馬の騎手になるためには、様々な方法があります。 最近では地方競馬出身の騎手が中央競馬に移籍して大活躍していますし、外国人騎手も中央競馬の騎手として活躍しています。 しかし中央競馬所属の騎手の殆どは、競馬学校を卒業して騎手になっています。 この競馬学校に入学するためには試験を受ける必要がありますが、この試験が非常に難しく倍率も高いので合格するのは非常に大変なのです。 ですから競馬学校に入学するためには、相当な能力を必要とするのです。 そして無事競馬学校の入学試験に合格したら、3年間訓練を積んで卒業したら晴れて騎手として活躍することができるのです。 しかし注意してほしいのは、競馬学校に入学したからと言っても必ず将来騎手になれるわけではないということです。 その点は十分に注意する必要があります。

体重については特に厳しい

厳しい入学試験を突破して晴れて競馬学校に入学したら、3年間の厳しい訓練が待ち受けています。 競馬の世界は非常に厳しく、たくさんの騎手との競争に勝っていかないと、生き残ることができないのです。 そのために、競馬学校で技術力を高めて1人前の騎手になれるように厳しい特訓をする必要があります。 また騎手は命懸けの仕事でもあり、落馬事故に遭った騎手も多いです。 大きな事故を起こして他の騎手に迷惑をかけないためにも、しっかりとした技術を磨く必要があります。 また騎手は減量との戦いでもあるので、規定の体重を維持することができなければ、退学させられる場合もあるのです。 騎手になったら負担重量の問題が出てきて、既定の重量を超えたら制裁が科せられてしまうというケースもあります。 ですから、競馬学校において体重の変化は常に注意が必要となるのです。