東京でのnlpの変遷

講師

nlpの歴史や変遷とは

nlpは神経言語プログラミングと言われるもので、心理学や問題解決のためのプロセスの一つとして研究されています。精神疾患の治療に対して用いられることもあり、PTSDの解決に役立つ例もあります。東京でもこのnlpに関するセミナーが多く開催されていますが、その実績はまだ少なく、効果についても信頼できるわけではないので、手段の一つとして身につけておくのが良さそうです。 東京では特に多くの研究者やビジネスマンがセミナーを受講する段階でまだ十分普及しているとはいえない状況です。研究自体が現在進行形で進められているため、実際どんな現場で活用できるかはこれからの研究や東京でのnlpの発展にかかっているといえるでしょう。一つの問題解決手段としては十分可能性があり、学ぶ価値はあるでしょう。

東京での今後の動向

nlpはその表現や技法が抽象的で未だ多くの人には受け入れられていません。東京でもセミナーが行われていても、あまり魅力を感じる人は少なく、ひとつの学問として発展途上にあります。解決プロセスはこのnlpにこだわる必要はないので、他の手段と合わせて総合的に応用できるのが理想的です。 セミナー等では実践的な訓練を進めていますが、医療の現場やビジネスの現場で応用するほどに大きな勝ちがあるわけではなく、それぞれ学習者に工夫が求められるものです。より分かりやすく体系的に理解されるようになれば資格取得も合わせてさらに普及していくでしょう。また、心理学的な側面ではより一層精神疾患の分析が進むと考えられており、大きな進歩ではなくても小さな一歩に貢献していけると考えられています。
他にも、知財セミナーやピラティスなどの資格を取得できるセミナーなどもありますので気になる人はぜひ参加してみて下さい。